自毛植毛の基礎知識

若い世代ほど薄毛・AGAの問題は深刻

生命に直接影響はない疾患のうち、生活の質(Quality Of Life)を著しく低下させる疾患のことを「QOL疾患」と呼びます。男性のQOL疾患の代表的なものが、薄毛・AGA。ファイザー株式会社が公開しているインターネット調査の結果をご紹介します。(出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000007630.html)

薄毛を気にしている人


世代が若くなるほど、薄毛と感じている人の割合は少ないものの、薄毛を気にしている人の割合は高い傾向があることがわかります。若い世代にとって、薄毛・AGAはとても重要な問題になっていることが見えてきます。

なかなか薄毛・AGAの治療に踏み切れない状況もある

薄毛を気にしていると回答した人を対象とした、現在行っている対処法についての質問では、多くが育毛剤・育毛シャンプーを使用しているという回答です。医療機関で薄毛の治療を受けている人は、1.5%と非常に少ないことが分かります。その一方で、これから取り組みたい対処法についての質問では、医療機関での薄毛治療の受信を検討している人が15.2%と、10倍以上になっています。


医療機関での薄毛治療


将来的に、医療機関での薄毛治療の必要を感じてはいるけれど、なかなかそこまでは踏み切れていないという現実が見えてきます。

従来のAGA治療の限界

男性の薄毛の原因のほとんどはAGA(男性型脱毛症)となります。AGAは進行性の症状で、生え際・頭頂部の頭皮にある5α-リアクターゼ酵素が生み出す「DHT」というホルモンが髪の成長を抑制してしまうことで進行します。AGAの発症は遺伝によるところが大きいですが、遺伝だけでなく、生活習慣の乱れなどからAGAを発症してしまう場合もあります。


これまでのAGA治療は、脱毛を抑えるフィナステリドと、発毛を促進するミノキシジル、2つの薬で症状の進行を抑えることが中心でした。しかし、投薬治療は薬を飲み続けている間だけ、AGAの進行を抑えることができるもので、投薬を必要としない「完治」という状態になることはありません。


フィナステリド

自毛植毛は薄毛・AGAを根本的に解決する先端治療

薄毛・AGAを根本的に解決する先端治療として注目されているのが、自毛植毛です。AGAの原因となる酵素の影響をうけにくい後頭部・側頭部の髪を、薄毛部分に移植する事で、薄毛を解消するのが自毛植毛です。


移植された髪はAGAの影響を受けないため、移植した髪は抜けることなく、正常な毛髪サイクルのままで一生涯生え変わり続けます。自毛植毛が登場した初期は、大きな移植片(プラグ)を用いていたのですが、技術の発達により最近では毛穴単位の小さな移植片(グラフト)を用いるように進化してきています。


自毛植毛


ひとつのグラフト(毛穴)から生えている毛髪の本数は、個人差はありますが、平均して2本程度です。見た目の効果を得るには100グラフト以上(毛髪の本数で200本以上)の自毛植毛が必要と言われています。100グラフトの移植費用は、クリニックにより若干の差異はありますが、目安としては30万円前後です。


自毛植毛は、グラフト単位で治療(植毛)を進めることができますので、予算に応じて自毛植毛を追加していくことができます。段階的に自毛植毛を進めることは、治療費の点でも助かりますし、自然な増毛に見えるという効果もあります。

自毛植毛クリニックのおすすめランキング


アイランドタワークリニックは、自毛植毛に関しては、日本国内シェア60%以上を占める、自毛植毛専門クリニックです。日本で自毛植毛を受けた人のうち、10人中約7人がアイランドタワークリニックを選んでいるということです。


アイランドタワークリニックは、既に累計症例が20,000人を超えていて、技術力も高く、治療方法の開発でも他の自毛植毛をリードする存在です。アイランドタワークリニックは、「i-ダイレクト法」というメスを使わない吸引採取する方法を開発し、痛みが少なく傷跡も残らない方法として人気を集めています。


アイランドタワークリニックは、東京・大阪・名古屋・福岡にしかないのが唯一の難点ですが、交通費の全額返還キャンペーンを実施し、遠方からでも受診できるように配慮されています。



AGAルネッサンスクリニックは、湘南美容外科プロデュースのクリニックで、日本全国に28院を展開しています。AGAルネッサンスクリニックは、クリニック数が多いため、通いやすい場所で治療をしたい人の人気を集めています。


AGAルネッサンスクリニックは、ARTAS(アルタス)という次世代植毛ロボット施術を導入していて、頭皮を切ることなく自毛植毛が可能です。


AGAルネッサンスクリニックは、自毛植毛だけでなく、従来の処方薬服用を中心としたAGA治療にも力を入れていることが特徴です。自毛植毛だけでなく、薄毛治療の方法を幅広く検討したい人におすすめです。


SBC毛髪再生医療センター


親和クリニックは、MIRAI法という独自に開発した高密度自毛植毛施術を行うクリニックです。技術力の高さには定評があり、MIRAI法を海外で学術講演するなどによって国内外の医師の教育、治療法の改善を進めています。


親和クリニックは、女性の自毛植毛に関しても積極的に相談を受け入れています。ドクター・カウンセラーの2人体制で、カウンセリングを行うなど、女性が悩みを相談しやすいように配慮がなされています。


親和クリニックは、東京(新宿)、大阪、名古屋の3地域に展開していますが、交通費・宿泊費サポート制度を設け、施術を受ける人と、同伴のご家族1名様までの交通費・宿泊費を補助。遠方に住んでいる人にも配慮しています。


親和クリニック

自毛植毛についてのQ&A

自毛植毛と従来のAGA治療と、どちらがオトクなのでしょうか?

中長期的には自毛植毛の方が明らかにオトクです。
自毛植毛は、一度植毛手術を受けてしまえば、その効果が永続するものです。自毛植毛して毛が生えた状態を維持するための費用は、基本的にはかかりません。(人によっては使用するかもしれない育毛剤等の費用は除外して考えます)


その一方で、AGA治療は投薬治療で、薬を購入して飲み続けている間のみ効果が持続するものです。症状により薬の処方量が変わってきますが、平均して月間2万円程度、多ければ月間3万円を若干超えるぐらいの費用が掛かります。


仮に45歳でAGA治療を開始して、60歳までAGA治療を継続すると考えた場合、平均的なケースで試算すると次のようになります。
20,000円x12か月x15年=360万円


治療期間が長くなるとか、処方薬の量が増えるということがあれば、当然この費用はさらに多くなっていきます。中長期的には明らかに自毛植毛の方が安価になります。経済経済合理的に考えると、自毛植毛の方にメリットが大きく、だからこそ自毛植毛を行う人が増えてきているという事情があります。